ETC共同利用事業

ETCカード比較

  • NEXCOコーポレートカードとUCカードには、利用額・利用頻度・時間帯・利用経路等でメリットに差異が生じます。
  • ご利用(明細)状況をもとに、車輛ごとに最適なカードをご案内します。
  コーポレートカード UCカード
高速道路のご利用額 毎月3万円以上(/1台)が目安です。 ご利用額の制限は有りません。
カード利用 予め登録した車輛へのみご利用可能です。 どの車輛でもご利用可能です。
割引 利用額が多いほどに割引額も増えます。 マイレージ登録によるポイント還元方式。


コーポレートカード(NEXCO発行)


■カードの特徴

  • NEXCOが管理する高速道路を大口・多頻度利用する利用者に対する割引制度です。
  • ETCの基本的な割引(時間帯・距離別等)と利用高に応じた特別割引が適用されます。
  • ETC車載器は現状お使いのものでご利用が可能です。(車載器の登録が車輛名義と同一でない場合は、再セットアップが必要です。)
  • 車輛(ナンバー)、車載器、コーポレートカードの3つが一致した走行に対して割引が適用となります。※ 先述の3つの間に不一致がある場合は割引が受けられません。また、車輛、車輛ナンバー、車載器のいずれかに変更が生じた場合は、新たなコーポレートカードの発行が必要となります。
  • 大口・多頻度割引区間(NEXCOが指定する高速国道、首都高速、阪神高速、本州四国連絡高速)が割引の対象です。
  • 特に一般有料道路においては京葉道路及び東京湾アクアラインが対象です。
  • 平成28年4月1日より圏央道及び新湘南バイパス(ETC2.0車載器搭載車輛に限る)が対象道路となりました。
利用額(/月1台):高速国道 割引率
5,000円以上  10,000円未満 10%(20%)
10,000円以上  30,000円未満 20%(30%)
30,000円以上  30%(40%)
  • ( )内は、ETC2.0搭載車両に限り適用される割引率です。ETC2.0搭載車両を対象にした割引率の拡充については、2018年3月末まで1年延長する予定です。

利用額(/月1台):首都・阪神高速 割引率
5,000円以上  10,000円未満 10%
10,000円以上  30,000円未満 15%
30,000円以上 20%
  • 上記割引率は、平成38年3月31日まで継続される予定です。
  • 首都高速、阪神高速のマイレージサービスは平成26年3月31日をもって廃止され、同区間を走行する場合のNEXCOコーポレートカードの優位性が高くなりました。

UCカード


 ■カードの特徴

  • どの車輛でもご利用が可能なETCカードです。(レンタカー可)
  • NEXCOの高速道路利用がメインである法人・個人事業主様にはメリットが出てきます。
  • ETC車載器の搭載が無い車輛でも一般レーンにてご利用が可能です。
  • 走行明細には、走行経路・ICの通過時刻等の記載があるため、カード利用者の管理が容易になります。

お支払い

  • お支払いは、口座振替(みずほファクター株式会社)をご利用いただきます。
①ETCカード利用月 1日から月末までの走行料金を確定します。
②ご請求 ①の走行分について、翌月20日頃にご請求書を発送します。
③口座振替 ①の走行分について翌々月5日に口座振替します。


インフォメーション

  • NEXCOコーポレートカードをご利用の車輛につきましては、「車輛入替」、「ナンバー」、「車載器」等の変更が生じた場合は、速やかに事務局へご連絡下さい。新たなコーポレートカードの発行手続きをする必要がございます。変更が生じたにもかかわらず所定のお手続きを行わない場合は割引は受けられません。
  • 東京料金所付近は「駐停車禁止」です。時間帯割引目的による駐停車を行うカード利用者には、利用停止等のペナルティが科されます。
  • 料金所を通過する際には、ETCレーン通過速度を厳守して下さい。速度超過の車輛には道路会社より警告が出ます。
  • 各高速道路会社が定めている違反走行を行うとカード利用停止になる場合があります。